大将がゆく

人生は一度きりだから、バイクに乗って旅に出ようと思います。相棒はHonda VTR250とCanon 5D mark II。

小豆島(香川県小豆郡)

f:id:taisho_goes:20170123170322j:plain

寒空の下、瀬戸内海に浮かぶ小豆島へやって来ました。

いつかは訪れてみたいと思っていたのですが、なかなか機会に恵まれずに1月になってしまいました。

フェリー(新岡山港〜土庄港)

f:id:taisho_goes:20170123172050j:plain

新岡山港からは1時間おきにフェリーが出ています。

実は、小豆島は日本で一番フェリーが発着する離島なのだそう。

所要時間は1時間10分ほど。

瀬戸内海の穏やかな水面を進むので、風が強い日でも快適な船旅が楽しめました。

重岩

f:id:taisho_goes:20170123172933j:plain

細い細い坂道をバイクでヒィヒィ言いながら登り、急な階段を300段以上あがり、ガラガラの岩場を越えた先にあるのが重岩。

山頂付近に今にも落ちそうなバランスで岩が重なっているパワースポットです。

到達するまでが大変な分、目の前に巨石が現れたときは妙な感動を味わえます。

また、山が切り立っているので眺望がよく、瀬戸内海の島々を望むことができます。

f:id:taisho_goes:20170123173538j:plain

小豆島ラーメンHISHIO

小豆島の食材をふんだんに使ったラーメンを食べられるのが「小豆島ラーメンHISHIO」。

今回、注文したのは店長自慢の「醤そば」と「ミニチャーシュー丼」のセット。

f:id:taisho_goes:20170123174417j:plain

麺は中太ストレート、深い味わいの魚介ダシが効いたスープです。

魚介ダシには小豆島の内海湾で獲れたカタクチイワシを使っているほか、小豆島醤油やオリーブなどの小豆島産食材にこだわっている一杯。

この炙りチャーシューも脂がトロッと溶けて美味しいかったです。

www.hishiosoba.com

エンジェルロード

干潮の時だけ現れる砂浜の道を「エンジェルロード」と呼び、大切な人と一緒に渡ると良いことがあるそうです。

ま、独りで行ったんですけどねー

f:id:taisho_goes:20170123175650j:plain

小豆島に行きたくてもタイミングが合わなかったのは、ここの干潮時刻が日中にくる日を探っていたから。

このカレンダーを眺めて、自分の都合が良くて、ちょうど良い干潮時刻で、天気が良さそうで…とやっていくと意外とベストな日程は少ないものでした。

www.town.tonosho.kagawa.jp

で、なんとか調整して行ったのですが、訪れたのが早すぎたのか風が強すぎたのか、現れているものの一部冠水状態でした。

f:id:taisho_goes:20170123180524j:plain

そして、ここでサーッと雨が降り始めたのでツーリング終了です。

さっさとフェリー乗り場に戻って、岡山港を目指してしまいました。

行ってないところ

本当は小豆島には見所がいっぱいあるんです。

今回は寒い中の強行軍だったうえ、途中で雨が降って撤退したのもあって、行けてない場所がたくさんあります。

例えば、

  • 寒霞渓
  • 小豆島スカイライン
  • 迷路の街
  • 小豆島オリーブ園
  • 醤油ソフトクリーム
  • オリーブソフトクリーム
  • すももソフトクリーム

「どんだけソフトクリーム食べるつもりだよ…」との声が聞こえてきそうですが、とにかく、小豆島にはやり残したことがある!

もう少し暖かくなったら再チャレンジしようと思います。

アクセス

新岡山港から約1時間ごとにフェリーが出ています。

土庄港までの所要時間は約70分。船内には売店もあって快適に過ごせます。

島内は所々、自動車で離合困難な幅員の道もあるので、走行にはご注意を。