読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大将がゆく

人生は一度きりだから、バイクに乗って旅に出ようと思います。相棒はHonda VTR250とCanon 5D mark II。

鷲羽山スカイライン(岡山県倉敷市)

ツーリング おでかけ

f:id:taisho_goes:20161231215607j:plain

2016年でやり残すことがないように考えていると、一ヶ所だけ行けてない場所がありました。

それが鷲羽山スカイライン

鷲羽山展望台までは到達していたのですが、スカイラインには色々あって入れていなかったのです。

これまでの挑戦

実は鷲羽山スカイラインへアタックしたのは今回で3度目。

最初の挑戦は鷲羽山展望台経由で行くルートを予定しました。

taisho-goes.hatenablog.com

しかし、途中まで順調に走っていたのがスカイラインの入り口で立ちゴケして終了。

シフトペダルを曲げて帰ってきました。

2度目のアタックはつい先日。

しかし、まさか自宅のガレージで転倒してシフトペダルを曲げるという事態に。

2回も鷲羽山スカイラインを目指して2回ともコケる状況に「呪われているのではないか?」と疑いを持つように…

それでも未練が残ったので、「3度目の正直」を信じて再々アタックをしてきました。

鷲羽山水島展望台

f:id:taisho_goes:20161231215519j:plain

鷲羽山スカイラインはそこまで眺望が良いわけではありません。

ところどころに駐車場はありますが、ほとんどが木々に囲まれています。

そんな中、唯一、眺望が開けているのが鷲羽山水島展望台。

夜景スポットとしても有名で、水島工業地帯を見渡すことができます。

路面状況

路面状況はひどく荒れていませんが、決して綺麗ではありません。

それでも元々は有料の観光道路として整備された経緯もあって、非常に走りやすいワインディングが続きます。

そのため、結構なスピードで走行する方も多く、実際、私もNinjaにぶち抜かれました。

安全第一で走りたいものです。

鷲羽山レストハウス

鷲羽山スカイラインを無傷で走行した後はお昼ご飯を食べに鷲羽山レストハウスへ。

鷲羽山のある児島半島タコが有名で、メニューにもタコが多く使われています。

そんな中、入り口にパネルを設置してまで特にイチオシされているのが「石焼きタコンバ」。

f:id:taisho_goes:20161231220338j:plain

石焼ビビンパの中にタコが入っているメニューなのですが、かなり本格的でおいしかったです。

やはり目の前までジュージューと音を立てながら料理が運ばれてくると盛り上がりますね(笑)

アクセス

瀬戸中央自動車道の水島ICからクルマ/バイクで5分もしない「広江六丁目」交差点から入ります。