読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大将がゆく

人生は一度きりだから、バイクに乗って旅に出ようと思います。相棒はHonda VTR250とCanon 5D mark II。

牛窓オリーブ園(岡山県瀬戸内市)

f:id:taisho_goes:20161110165608j:plain

「東洋のエーゲ海」とも呼ばれる瀬戸内海を肌で触れながら楽しめるスポットがあります。

それが牛窓オリーブ園。

なんと嬉しいことに入場無料なんです!

オリーブ園

f:id:taisho_goes:20161110170117j:plain

園内ではオリーブの栽培が行われています。

駐車場から生えている木がオリーブなんです。

知っていましたか?オリーブの木は幹も緑色をしているんですよ!

訪れた11月初旬は結実の終盤ということもあって、真っ黒に熟した実がなっていました。

牛窓オリーブショップ

忘れずに目指したいのが牛窓オリーブショップ。

敷地内で最も標高が高い場所にある建物で、屋上が展望台になっています。

駐車場からは坂道が続き、建物内も階段のみというバリアフリーには程遠い施設ですが、眺めは抜群。

一番上の展望台まで上がれば牛窓の景色を360度の大パノラマで楽しむことができます。

f:id:taisho_goes:20161110171307j:plain

もちろん、建物内にはオリーブを使った商品を扱うショップがあります。

オリーブソフトクリーム

f:id:taisho_goes:20161110170242j:plain

「世界で2番目に美味しいソフトクリーム」という強気なのか弱気なのか分からない看板に惹かれて売店へ。

ここではオリーブソフトクリームが販売されています。

f:id:taisho_goes:20161110170335j:plain

オリーブ味のソフトクリームではありません。

濃厚なバニラソフトに刻んだオリーブの砂糖漬けが散りばめられています。

このオリーブの砂糖漬けがバニラとよく合うんです!

これは意外な発見でした。

アクセス

オリーブ園周辺の道路は山道で非常に狭いところがあるので要注意です。

岡山ブルーラインからカーナビで誘導された道は狭そうでした。

牛窓ジェラート工房コピオ」がある方面から登ると比較的広い道を通ることができました。

公式ホームページ

nippon-olive.info