読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大将がゆく

人生は一度きりだから、バイクに乗って旅に出ようと思います。相棒はHonda VTR250とCanon 5D mark II。

湯郷温泉(岡山県美作市)

f:id:taisho_goes:20161020175557j:plain

岡山中心部から車を走らせること1.5時間の場所に温泉街があります。

そんな湯郷温泉までちょっくらドライブしてきました。

湯郷温泉

湯郷温泉の歴史は1200年もの長きに渡ります。Wikipedia大先生によれば、

延暦寺の円仁法師が西国巡礼の途中、白鷺が足の傷を癒しているのを見て、いで湯の発見を見たと伝えられる。よってこの湯郷は鷺ノ湯とも呼ばれており、今も共同浴場にその名が残る。薬湯としても知られ、古より長時間温い湯に浸かって湯治する習慣があったという。

だそうです。

そんな円仁法師と鷺の石像もありました。

f:id:taisho_goes:20161020180533j:plain

ちょっと路地を入ってみると落ち着いた街並みが広がっていました。

f:id:taisho_goes:20161020180209j:plain

温泉街の横を流れる吉野川にかかる「ゆらぎばし」には噴水がついています。

f:id:taisho_goes:20161020181118j:plain

というか、橋から噴水が吹き出して川に注いでいる光景は初めて見ましたね。

岡山湯郷Belle

なでしこリーグに参戦中の岡山湯郷Belleが本拠地を構えているようです。

あまりサッカーには詳しくないので、現地に行って初めて知りました。

大都市ではなく温泉街に拠点を置くスポーツチームとは珍しいですね。

町中に応援する旗がはためいています。

f:id:taisho_goes:20161020180712j:plain

湯郷鷺温泉館

今回、入浴したのはこちらの湯郷鷺温泉館。

f:id:taisho_goes:20161020195651j:plain

日帰り専用施設で入浴料600円と良心的な価格設定です。

ロッカーが無料で使えるのは細かいポイントですが高得点ですね。

もちろん、温泉もバラエティーに富んでいて1時間も楽しく入ってました。

そして、お風呂上がりには不思議と牛乳が飲みたくなります。

f:id:taisho_goes:20161020200028j:plain

大山高原というと鳥取県ですが、あまりそこは気にしない。

美味しいからOK。

こちらの温泉館には県外ナンバーのバイクも複数台来ていました。

岡山市街地から伸びる道路は快走路で気持ちよく、いつかバイクで再訪したいと思いました。